モード変更


ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド プレイブログ更新情報

流れ星レンズの感想1-5(ネタバレ全開)

   ↑  2016/07/06 (Wed) 21:30  カテゴリー:マンガの感想
先週散々少女漫画を読み散らかしまして
気になったものだけTwitterで呟いたんですが
この漫画の感想だけはちょっと残しておこうと思ったので書きます!


流れ星レンズ全10巻/村田真優/りぼん
【あらすじ】
恋愛経験ゼロで、地味めな凛咲。学年で1番人気者の夕暮くん。
全然接点のない凛咲と夕暮くんが夜の学校で、2人っきりになり…!? 

流れ星レンズ 1 (りぼんマスコットコミックス)

新品価格
¥432から
(2016/7/6 21:02時点)




一言で表すとキラキラした漫画です。キラッキラ。
ひっ眩しいってレベルでキラキラします。

非常に「りぼん」っぽい漫画でした。
学校で目立つやんちゃな男の子(夕暮統牙)×おとなしめの女の子(花籠凛咲)
中学2年の設定。
男の子は万能ヒーロー型です。
かっこよくて人気者で運動も出来て私の気持ちを100%分かってくれて
ずっと私だけを見てくれる・・・!

圧倒的ヒーロー感に倒されそうでした。
眩しくて目が潰れる。

りぼんっ子には受けが良いと思います。
すぐマーガレットに行ってしまったような子だと
この設定は現実感が無くて微妙かもしれません。

現実感の無さが売りですからね!永遠の王子様!!
では詳しく感想!


【1巻】
当初3話完結の予定で始まったらしく
とんとんとんっと展開していきます。
1話でお互いを認識、2話で告白、3話でその後。
告白と同時にキスするので相当ハイペース。

マンガとして上手かったんですよねー。

まず、「好き」という気持ちを画面いっぱいに☆を散らすことで表現したこと。
(好きな人が輝いて見えるという意味合い)
この表現の手があったかー!!という目からウロコ。
「流れ星レンズ」は、そのキラキラが由来です。
タイトルに意味がしっかりあるのも高ポイント。

そして、ストーリーにハッキリとしたメッセージがあったこと。
告白のシーンで、ベランダへの立入禁止のテープを破る描写があるんですが
この立入禁止テープが夕暮くんとの距離を表してまして
住む世界が違うと思っていた夕暮くん(学年一の人気者)のいる場所へ
飛び込んでいく・・・という表現のために使われています。

小道具をしっかり使う漫画というのは意外と珍しいので
この作者さんしっかり考える人だなぁと興味をもって次の巻へ。




【2巻】
当て馬の蜂野くん登場。
成績優秀な腹黒クール系です。

蜂野くんの設定がちょっと微妙でして
学校で目立ちまくる夕暮くんに「…誰?」と言われて、非常に傷つき
仕返しに夕暮くんが大事にする凛咲を取っちゃおうという所から横恋慕に・・・
(蜂野くんも成績優秀でカッコいいしそこそこ目立ってる自負があったんだろう)
という流れの予定だったと思うんですよ。

2巻では、夕暮くんを適度に焦らせ、夕暮×凛咲の仲を深まらせと活躍しています。
蜂野くん屋上の鍵を持ってますからね。重要キャラのはずなんです。
ヒミツの場所の鍵ってキーアイテムになるからな!

あと凛咲がけっこー賢い子だと分かったのもポイント。
蜂野くんと屋上で二人になったことを
夕暮くんに報告しておくという危機管理意識の高さ。
(※彼氏がコレを誤解して一悶着というのが少女漫画の定番)
蜂野くんを観察して、彼が自分に構うのは
「自分が夕暮くんの彼女だから」という解答に辿り着く賢さ。

さぁどうなるかと次巻へ。




【3巻】
凛咲に「(そんなに夕暮くんが気になるなら)みんなで一緒に遊ぼう」
と夕暮くんたちの所へ引っ張り出される蜂野くん。
夕暮くんの深すぎる懐によって何となく仲良くなってしまった彼ら。

親友になってからの略奪系か・・・?
と息を潜めながらページをめくる私の気持ちに反して

蜂野くん強制退場!!!!
ホントびっくりするほどの勢いでストーリーから退場しました。

みんなで遊びに行った時に、
トモちゃん(凛咲の友人)が蜂野くんを好きになってしまい、
押しの強すぎるトモちゃんは、蜂野くんをガッチリホールドして
凛咲に近づく隙がなくなる・・・という消化不良な退場の仕方。

2巻のあとがきで、蜂野くんがりぼんっ子から受け入れられてないとあったので
受け入れられなさすぎて強制退場かな・・・という印象でした。

「(凛咲のこと)じっくり攻めるから」とか蜂野くん言ってたのに!
煽るだけ煽って強制退場!可哀想な蜂野くん!!

6話くらい蜂野くんがメインで登場しましたが
確かに受け入れられにくいかなーというキャラでしたね。
凛咲を好きな感じがほとんど出ていなかったのが失敗の原因かと。
ただ2巻の流れだと惚れたらおかしくなりますからねー。
3巻から勝負のはずだったんですよ・・・宣戦布告もしてたし・・・。
かわいそうな蜂野くん・・・。

1巻エピソードの夕暮くん側からの視点の話も収録されています。
相変わらずキラッキラしてて良いです。




【4巻】
夕暮くん&凛咲の恋は順調に進行中。

夕暮くんがやんちゃ系の見た目かつ大人びているため
彼女と紹介されるたびに「この子が?意外!」
と周りに反応されてしまうのを受けて
「みんなが思う夕暮くんの彼女像に近づきたい」と言った凛咲に対して
夕暮くんの反応は「そのままでいてよ」

これが流行りの「ありのまま」か・・・!?

ありのままの君でいて的な表現は、
少女漫画ではたまに出てくるのでそこまで驚かないんですが
この漫画の後半のテーマがコレかなぁと思って印象に残りました。


そして始まる体育祭イベント。
夕暮くんは見せ場の応援団へ参加。
相変わらずのヒーローオーラを見せつけてきます。眩しい。

夕暮くんと凛咲は校舎が違うため
応援団の練習が忙しい夕暮くんは中々凛咲と会うことができず・・・
というすれ違いイベントも発生。
通常この辺で入ってきそうな邪魔者は一切入ってこず
ただひたすら会いたいが募る・・・!

校舎違う設定が生きてるー!すっごい活かしてるー!
とテンション上がっていました。




【5巻】
体育祭本番。
夕暮くんの見せ場の応援団イベを前にして熱で倒れてしまった凛咲。
駆けつける夕暮くん・・・!
というまぁ激アマの展開です。砂が吐ける。

夕暮くん(のピアスとか態度とか)が原因で、
凛咲が先生に嫌味を言われた話から
「ちゃんと考えて行動する」と言った夕暮くんに対して
「夕暮くんには夕暮くんらしくいてほしい」と返す凛咲。

やっぱ「ありのまま」はテーマだなぁ。
醒めない夢、解けない魔法。青春・・・!

あとは、凛咲が夕暮くんのハチマキを結ぶんですが
その時のオプション付きのくだり。
1巻でやったやつー!ここにきて再現してきたー!!
手法がうまい。これは卑怯。

加えて、やっぱり絵も上手ですね。構図が上手。
キスシーンが実に効果的です。

熱が出た凛咲はママが迎えに来て早退するんですが
頼み込んで夕暮くんの出番をフェンスの外から眺めていきます。

この時、ママは初めて凛咲に彼氏がいることを知るんですが
耳にピアスがある彼氏でも反対しないんですよねー。凛咲が選んだ人だからって。
親の反対系イベント無し!スムーズ!!
この漫画は、教師や親に嫌な人間がいませんね。この辺新鮮。

応援団イベントはただひたすらかっこいい王子達が舞う感じでした。
この現実感の無さ・・・!眩しい・・・!!

ちらりと武智くん(1巻から出てる夕暮くんの親友)が過去を匂わせだします。
「(凛咲が帰った件について)来年があるし」といった夕暮くんに
「あったらいいけどな」と返す武智くん。

以前、蜂野くんの当て馬の際に失敗したせいか
武智くんの当て馬については非常に丁寧に背景を掘り下げてありました。
これだけ丁寧に設定される当て馬も珍しいぞ。

そして夕暮くんの過去も。
母親が小6の時に病気で亡くなったって話です。
夕暮くんのピアスの穴は母親が亡くなった時開けたもの。

このピアスの話いつから考えてたんだ・・・!?
と思ってドキドキしました。
ピアスの穴の合理的理由・・・!

夕暮くんのキャラ設定の補強具合がすごいです。
あんな愛情たっぷりの家庭で育って、小6で母親亡くしてれば
そりゃー大人びた子になるし
人の気持ちに敏い子にもなるし
ピアス開けてる割に道を外す感じがしないわけだよ!!

長くなったので続く。

(記事編集) http://applenapple1.blog.fc2.com/blog-entry-855.html

2016/07/06 | Comment (0) | マンガの感想 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

関連記事



Comment

コメントを投稿する 記事: 流れ星レンズの感想1-5(ネタバレ全開)

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)